NHK連続ドラマ『おちょやん』の名セリフ・名言集

NHK連続ドラマ『おちょやん』のあらすじ・名セリフ・名言集 ドラマ

大阪の南河内の貧しい家の少女が、奉公先の道頓堀で芝居に魅了され女優を志し、やがて喜劇界のプリンスと二人三脚で昭和の激動期を駆け抜けるオリジナルストーリー。

NHK連続テレビ小説『おちょやん』で、杉咲花さん演じる主人公、千代にはモデルとなった女優がいる。それは昭和の名女優・浪花千栄子(なにわちえこ)。

ラジオ全盛時代の人気コメディ『お父さんはお人好し』の母親役でスターとなり、1973年 66歳で急逝するまで、映画やドラマに欠かせない名脇役として活躍した。

  • 第1週
    うちは、かわいそやない
  • 第2週
    道頓堀、ええとこや

みんなで名言集

  1. MediaBox より:

    竹井千代(毎田暖乃):
    一つだけ言うといたる。
     
    うちは 捨てられたんやない。
    うちが あんたらを捨てたんや。

  2. MediaBox より:

    竹井千代(毎田暖乃):
    明日 ど寝なるかも分かれいんのに。
    先のことなんか考えても無駄や。

  3. MediaBox より:

    竹井千代(毎田暖乃):
    明日も きっと 晴れやな。

  4. MediaBox より:

    竹井千代(毎田暖乃):
    うちは 可哀想やない!

  5. MediaBox より:

    竹井千代(毎田暖乃):
    はぁ・・・ほんま 生きるて しんどいなぁ・・

  6. MediaBox より:

    竹井千代(毎田暖乃):
    うちは・・うちは、お母さんと約束したんや。
    ヨシヲを守るて。この家を守るて!